車検の方法や種類についてのこと!その違いとは

  • 2016年10月25日
  • admin

日本には車検という制度がある

日本の自動車制度は諸外国から見ればおかしなところがあったりします。しかし、それが国民生活において利益があるならば、問題はないです。その一つとして、車検制度があります。これはアメリカなどにはないとされている制度です。要するに安全に運転ができるようになるように国が整備を強制しているわけです。車検の有効期間には、色々と違いがありますから、それはよくよく知っておくと良いでしょう。とても重要な車検のポイントになります。

車検にも色々とあるのです

自家用乗用車と呼ばれる5ナンバー、7ナンバーと軽自動車と呼ばれる50ナンバーは新車であれば最初は3年であり、2回目以降が、2年単位になります。つまり、中古車は2年に1度は車検で整備、チェックをされるようになります。また、法定整備として2年に1度の定期点検整備があります。更には車検と同じように法律に定められた点検整備というのがあります。車検制度と同じように見られていますが、正確には違います。この違いをよく理解しておきましょう。

法的な点検をしているのです

法的には違いがあるのですが、実は現実問題として、車検と同じ時期にやっているだけです。制度設計としてまったく意味合いが違うことになります。しかし、やる側が気にする必要性はないです。普通に車検をお願いすれば一緒にやられるようになります。車検も法定整備はお金がかなりかかりますから、積み立てなどをしておく必要があります。意外なほどかかることがありますから、予算に関してはかなりしっかりと要しておく必要があるでしょう。

自動車を所有している以上、車検は必須ですが工夫次第で費用を抑えることができます。早期に予約をすれば割引がある場合もあり、多くの人が利用をしています。

Comments are closed.