色んな音が!鍵盤を押すとどんな音が出るのかな?

  • 2016年10月23日
  • admin

万能の楽器で世界中に親しまれているピアノ

ピアノと聞いてどんなものか想像がつかない人はいないほどメジャーな楽器です。ピアニストなる方がいるほど極め甲斐のある楽器で、ベースにリード、リズムにコードまで出せてしまう音楽に関してはなんでもこなせる万能な楽器です。ただ、調律が狂う事が多々ありメンテナンスにお金がかかるという非常に高価な楽器でもあります。鍵盤の形は他の楽器にも使われており例えばオルガンやチェンバロ、今ではキーボードにもその形が使われています。

ピアノ以外の音も出る!波形で発音シンセサイザー

鍵盤楽器としてどんどん進化していきついには電子回路まで搭載した物が登場しました。今ではすっかりメジャーとなったシンセサイザーです。波形を組み合わせて音を出すという方法で幻想的な音から主張の強い音、効果音に使えそうな音などピアノでは到底出せないような音を出すことが出来るようになりました。鍵盤を押す以外にもつまみが付いているシンセサイザーが多く、カットオフやレゾナンスなど呼ばれるエフェクタを用いることで更なる音の幅を広げる事が可能です。ただ、サックスやピアノのような実物の楽器からはかけ離れた音がします。

波形では出せない音も出せる!シンセサイザー

波形を組み合わせることで音をだすのとは違い、実際の音を録音してそれを発音するというシンセサイザーがあります。例えばギターや人の声です。波形を組み合わせてそれそっくりに音を作ることは出来ても、結局は偽物の音であることはすぐに分かってしまうというレベルなのです。そこで実際の音を録音してそれを鍵盤に割り当てて発音させるという至ってシンプルかつ明快な方法ではありますが、現在のように録音技術が向上したからこそ出来る楽器なのです。このシンセサイザーでは鍵盤を押すとギターの音が出たり管楽器や人の声まで様々に出るので驚かれること間違い無しでしょう。

サックスは大人の趣味として始める方も多く、人気の楽器となっています。音楽教室に通って習うと言う方も多くいます。

Comments are closed.